Rosilyが守りたい、アタへのこだわり

画像は、編み上げたアタに、職人たちが「リム」と呼ばれる「化学糊」を塗る様子です。
日本の「木工用ボンド」の様なモノです。
水で薄めて、ジャブジャブと、塗っています。

下手な職人が編んだゴテゴテのアタ製品も、「リム」を塗るとピシッと音がするかの様にシャンとします。
「リム」とは、もの凄く便利ですね。

これは、ここ5年くらいの「新しい工法」。
つまり「伝統的な工法」では有りません。

「リム」を塗ったアタは、無理矢理ですが形が整えられており、ぱっと見は分かりません。

しかし、良く見て頂ければ、全く「オーラ」が違います。
「リム付き」は、オーラが無いのです。

更に、手で力を加えてみると、「ミシミシッ」と、割れる音がします。
本来は柔軟性が高い為に長持ちするのですが、その良さが失われています。
「リム」によって固まり、もろく、折れ易くなっているのです。

また、長く使う事によって「飴色」になるはずが、「リム」を塗ると、だんだんと汚れた感じになってしまいます。

現在、トゥガナン村で編まれているアタの90%ほどが、この「リム」付きとなっています。

残念ですが、この「リム」によって、アタ製品の技術が、大きく低下しています。

もちろん、Rosilyのアタ製品は「伝統的な工法」で、作って貰っています。
伝統的な工法を守ってくれる、巧い職人さんだけに、依頼しています。

アタ製品も、有機野菜ランチ同様に、無添加・昔ながらの手作り、なのです。

これは、これからも、絶対に曲げられません。